腸内環境 改善 悪玉菌

悪玉菌が増える原因は?

善玉菌,悪玉菌,原因

人にとって有害な働きをするものを悪玉菌といいます。
悪玉菌には大腸菌・ウェルシュ菌・ブドウ球菌などがあり、人体にとって有害な働きしかしません。

 

悪玉菌は腸内環境を乱します。腸内環境が乱れるということは消化吸収の働きが悪くなるということです。

 

もともと、腸で吸収された食物の栄養素は、血液によって肝臓へ運ばれていきますが、腸内環境が乱れているということは、その血液がドロドロの状態。

 

ドロドロの血液のせいで血流が悪くなり、内臓をはじめ全身の機能低下につながります。

 

そして、悪玉菌は腸内でどんどん繁殖していき、身体の老化を早め、発がん性物質を生み出すのです。

 

では、この悪玉菌の増える原因とは一体何なのでしょうか。

 

それは、未消化の動物性たんぱく質です。

 

悪玉菌は腸内に入ってきた未消化のたんぱく質を餌にして、様々な有害物質を作りながら繁殖するのです。そして腸内に老廃物質を蓄積させ、腸内は宿便や老廃物を好む悪玉菌の絶好の住処になってしまうのです。

悪玉菌を減らして、善玉菌を増やす方法

善玉菌,悪玉菌,原因

腸内にいる悪玉菌は、停滞している便を腐敗させて、臭いの強いおならや有害なガスを発生させます。

悪玉菌が腸内で増えて、腸の動きが鈍くなると便秘になったり、肌荒れや身体の免疫機能の低下につながります。

 

善玉菌は、この逆の働きをします。
大腸の動きを正常に保つために便秘を解消したり、疾病予防や免疫力を高めるのです。

 

善玉菌を増やすにはどうしたら良いのでしょう。

 

悪玉菌は、動物性脂肪や糖分の多い食事、食物繊維の不足の食事や運動不足、睡眠不足、暴飲暴食でどんどん増えていってしまいます。
まずは、栄養バランスの取れた食生活を送ることが大切です。
食物繊維やお肉、野菜をバランスよく摂取し、腸内バランスを整えるのです。

 

善玉菌の代表は、ビフィズス菌などの乳酸菌です。
乳酸菌は、ヨーグルトなどの乳製品、糠漬けやキムチ、納豆などの発酵食品に含まれています。
この乳酸菌を摂取する事で、善玉菌がどんどん増えていくのです。

 

腸内バランスは、栄養やストレスですぐに変化するので、効果の実感も早いことでしょう。

 

 

善玉菌,悪玉菌,原因乳酸菌サプリランキングはコチラ

 

 

善玉菌のチカラ